Smileしようね

寝ている赤ちゃんは面白いほど表情を変えます。まるで百面相をしているようです。

その中でも微笑みを浮かべた瞬間、「何を夢みているのだろう」と想像しないわけにはいきません。

それだけで優しい気持ちになり、笑顔になってしまいます。

赤ちゃんの微笑みには何か不思議な力があるようです。

優しくしてほしいから赤ちゃんは微笑むのか?
微笑むと人は優しくしてくれるからなのか?
考えてしまいます。

いずれにしても大人はその微笑みで優しい気持ちになり、幸せを感じます。

子供にも同じような事が言えます。

子どもは親自身が思う以上に親の表情をよく見ています。そして、いろいろな事を感じています。

親の表情は言葉を越えて伝わります。
日頃の何気ない笑顔を意識することが大切です。

親の笑顔から優しい気持ちと幸せを感じられるようSmileしましょう。

優しい笑顔は記憶に残ります。

そして、いつの間にかその記憶は子ども達の表情に反映されていきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    心の成長